水彩

クソみたいなブログです。文句は受け付けません。

7

 

今日は一年間で最後の授業だった。長いようで短かった。ほとんど単位落としたから最後のほうはほぼ授業なかったけど。(笑)最後の最後が先生の授業だった。縁起がいいんだか悪いんだか!相変わらず会話せず終わったけどね。

一年が終わったということで振り返りをする、どうせ病むだけなんだけどさ。今年一年がどんな年だったかと言われたら、「ただつらかった」の一言に尽きる。

 

まず年明けてバレンタインくらいまでは楽しくて、でも3月だかに先生の前で情緒不安定キメて、そこから勝手に先生に失望して(?)このとき確かBちゃんによく愚痴ってたけどBちゃんは空返事しかしてなかったなあ。それがだんだん悪化してBちゃんに対して疑心間が生まれて、誰も信用できなくなって。

元から中学くらいの頃に自分の存在価値がないことに気付いてそれは分かってたけど、友達に対してこの人は本当に私のこと友達と思ってるのかなとか、そう思うことはなくて。そもそも揉めることがなかったし。今でも消えない人に対しての疑心間は明らかにここで生まれたものだと思う、遅いかな????

 

先生もBちゃんも周りの人間みんなを避けて、でもこのままじゃダメだと思って形だけは仲直りして、それでいいと思ってた。でも相変わらず先生のことで悩んで病んで苦しんでた。まあほぼ嫌われてるのかもっていう被害妄想だったけど。

それで夏休み明ける前かは分からないけどいつの間にかモデルちゃんが現れてて、私の入る隙なんて消えちゃって、そこからはまた地獄の始まりで(笑)

どんどん性格が悪くなった、前より人を信じられなくなったし、楽しくなくなった。

 

被害妄想が現実になったのか先生からは冷たくされて、ああ嫌われたのかって思って。

ただただ、なんでだろうなあって思う。あんなに楽しかったのに、私の記憶の中の先生は笑ってたのに。友達と毎日ふざけあえてたのに。学校も毎日行けてたのに。

私が変わる変わるって言いながら努力をしなかったからバチが当たったのかな。まあ何も言い返せない、その通りだし。

 

ずっと人に嫌われるのが怖かった。自分に存在価値がないけど価値を見出したくなる。そうなるとそれを見出してくれるのは他人になる。他人からの評価だけがすがれる唯一のもの。(まあ今は評価なんてまるでされないんだけど)嫌われるということは私はその人にとっていらない人間だと思われることになる。それが怖い。人からそれを突き付けられてしまったらもう死ぬしかないじゃん。存在価値のない私なんていなくならなきゃいけないじゃん。

でももう、好きな人にも友達にも嫌われちゃった。いらない人間、いやもうそれすらも思われてない現実。

つらい、苦しい、いくら人に期待しないふりをしても結局期待を捨てることなんてできない。だからそれだけ痛い。

友達を信じれた私も、私を信頼してくれてた友達も、なんだかんだ私の話を聞いてくれた先生も確かにそこにいたのに、なんで?どこに行ったの?

 

怖いものにランキングをつけるなら2位が嫌われることで1位が死ぬことで、そもそも私は病むことはあっても死にたいとは思ってないし生きたいって思ってるのに、なんでこんなにも死にたいと思わなきゃいけないことばかり起こるのかな。私のせいか。

自分がいいと思えばきっとそれまでなんだと思う、でも私はそんなに強くない。消えたい。最初から何もなかったみたいに。誰とも連絡を取りたくない。

なんで生まれちゃったのかな、私みたいなクズや自分のことしか考えてない害悪な人間たちが生き残ってみんなから愛されて名誉ある人が死んでいく世界、おかしいよね。

 

どうせこうやって死にたいなんて言っても結局自殺する勇気なんてなくて明日も生きていく、馬鹿でおかしいよなーーーーーーーーー。

 

広告を非表示にする