白血球

 

辛い気持ちに押し潰されてるからまたつらつらと書く。

 

友達が先生へ好意を持ってることに気付いた日は涙を堪えながら帰って、何も食べれないままひたすらぼーっとしてて。早起きだったからすごい眠かったけど目を閉じたら先生と友達がくっついて笑ってる姿が脳裏に浮かんで苦しくて眠れなくて。何も手につかなくて。目が覚めたら全部夢だったらいいのに、って何度も思った。けど現実は違う。

 

別の学校の違う友達に相談したらその友達達にはしばらく関わるなって言われた。思い出して辛くなるだけだからって。私はその子達ともっと徹底的に距離を置こうと思った。勝手だけど、それが自分を守る方法だから。

 

何度も何度も考えた。私は先生を嫌いになろうとしてる。このまま普通に嫌いになれれば、友達のことだって応援できるはずなのに。

 

でもやっぱり嫌だ。

別に先生と結ばれなくていい、先生が私のこと嫌いでもいいし仲良くなくていい。けど、私の好きな人を好きにならないでよ。なんでよりにもよって先生なの?やめてよ…。くっつかないで、仲良くしないで。私の目の前で私に許してくれなかったことをあの子に許さないでよ。きっと、友達はこれからもっともっと先生と仲良くなって先生を好きになるんだと思う。その止まらない気持ちが怖い。私はただ遠くから見てることしかできないのに、先生と思い出を作っていけるあの子が羨ましくて立場上有り得ないけどもし先生があの子を好きになったらどうしようという無限の恐怖がつきまとって離れない。

もういやだ、苦しみたくない。

神様へ、なんでもするので先生を早く私の知らない綺麗な奥さんと出会わせて結婚させてください。可能性をすべて潰してください。私の心はもう耐えられません。